新築・中古・住宅・節税・

中古住宅の購入スケジュール

中古住宅を購入する場合のスケジュール

中古住宅を購入しようとする際にどういった流れで進めていくのかをイメージしてください。

 

気になる物件を見つけましょう

まずは、インターネットなどで不動産情報を集めて、気になる物件を集めましょう。
探す方法は、
@ご自身でネットを使って探すか

 

A不動産業者に条件を伝えて、探してもらうか

 

ご自身で探す場合は、http://www.fudousan.or.jp/ のサイトがおススメです。
様々な不動産情報が網羅されています。

 

不動産業者に条件を伝えて探してもらう場合は。
このようなサイトがおススメです。ご自身の希望の条件を伝えて、色々な業者から不動産情報をまとめて集めて、
だれもが「いい物件の情報を手に入れたい!!」と思われると思います。
ここで言ういい物件とは、日当たりが良い物件であったり、価格が周辺の相場より安かったり、不動産情報誌など表に出る前の物件を指します。

 


このような一括で情報収集できるサイトを利用して、様々な不動産情報をまずは取得しましょう。
ここからが大切ですが、不動産屋から物件情報を入手したらメールでも構わないので、その物件の感想やご自身の細かな要望も伝えて、その不動産屋さんとの信頼関係の構築もしましょう。
私も、営業マンの時に土地情報をお客様にお持ちしていましたが、持ってきた土地が買うまでの物件ではなかっても、その感想などを言ってくれていると、また嵐物件が出たらすぐに持っていこうと思いますし、ちょっと希望と違う物件でもとりあえずお知らせでもしようかな。とそのお客さんの顔が浮かんできます。
是非、皆様も不動産屋からの情報を貰ったときに情報提供する不動産屋も、どうだったか気になると思うので、気に入らなかってもどういうポイントが気に入らなかったのかもお伝えして、コミュニケーションを取ってください。メールで物件詳細などは来ますがその向こうにいるのは同じ人間なので。
そうして、何社か不動産屋とお付き合いをしていると新しい情報や、表に出る前の情報をくれる事もあるでしょう。
私は、そういったお客様は自分の勤めていた会社では予算が合わなく、家を建てていただくことが出来ない方もいましたが土地だけお世話したかたもいます。
そうして気になる物件を集めて、不動産業者に問い合わせをしましょう。

 

実際に物件を見てみましょう

問い合わせをした物件を実際に見て、気に入る物件かどうかを判断して下さい。
私がお伝えできるポイントは、その物件の周辺の環境が気に入るかどうかです。

 

後は、洗面やキッチンの設備がどれくらい綺麗かというのも気になりますね。
大体の方は中古住宅を購入しても、リフォームをしますので、設備が綺麗とリフォームをその分掛けなくて済みます。

 

気になった物件は不動産業者に伝えて申し込みをして真剣に購入するか考えましょう。

 

気に入った物件は他の人に購入される前に、不動産屋の方に申し込みを伝えて押さえて数日間購入するかどうか考えましょう。
その間にローンの審査をして通ったならば契約の手続きへと進みましょう。
ここまでで、初めて物件を見てから早ければ2週間程度です。

 

契約手続・ローン契約・引き渡し

条件面が折り合えば契約を行い、ローンの契約を行い、ローンが実行され、入金をしたら引き渡しです。
ここまでの手続きはスムーズにいけば2週間程度で完了します。

 

その後にリフォームを行う場合は、リフォームの工事によりますが、1か月前後掛かるのでは無いでしょうか。
リフォームをする場合に、多いのがその不動産屋の知っている業者を紹介されてリフォームを行うことが多いですが、
そういった業者がダメとは言いませんが、ご自身でも見つけてきた業者と比較することをお勧めします。

 

なぜなら、新築の場合は各建築業者によって柱や梁から使うものが違ってくるので費用が変わってきますが、リフォームに関しては、水回り設備や壁紙やドアの内装は同じものを使うので、工事内容に差が出ません。

関連ページ

家づくりのスケジュール
一生に一回の買い物と言われる住宅取得を失敗せずに夢のマイホームを取得する為のサイト。
新築一戸建ての場合の建築スケジュール
一生に一回の買い物と言われる住宅取得を失敗せずに夢のマイホームを取得する為のサイト。

ホーム RSS購読 サイトマップ