土地探し・物件探し・土地のポイント

その土地が良いなと思ったら

土地探しで良いなと思ったら

土地を必死に探していて良いなと思ったら、まずは「その土地を抑える」これにつきます。

 

土地を探している人は、ご自身が思っている以上にたくさんの人がおられます。
ご自身が良いなと思った土地は、別の方もいいなと思う事もあるでしょう。

 

その為、悩みに悩んで土地購入に踏み切ることが出来ずに、別の方が契約してしまうって事も普通にあるんですね。
ネット等で不動産情報でその物件が長い間購入されていない場合は、他の方に買われることは少ないと思いますが、
新しい情報の場合は、すぐに売れてしまう事も多いですし、新しい分譲地情報などはすぐにどんどん日当たりのいいところは売れていってしまいます。

 

そこで、まずはその土地を抑える事をお勧めします。

 

土地を抑える場合には、不動産屋に声をかけてもらって、
「この土地が気になるので検討する時間が欲しいので、抑える事って出来ますか?」って聞いて下さい。

 

大抵の不動産屋はイイですよって言ってくれます。

 

土地を抑える上で確認が必要な事

 

・土地を抑えることが出来る期間

 

・土地を抑える上で必要なもの(印鑑、身分証明書など)

 

土地を抑えるにあたって申込金が必要かどうか

 

土地を抑えるのをやめた場合にお金が返って来るのか

 

 

以上を必ず確認して下さい。

 

土地を抑えるときにお金が必要な事もありますが、これは不動産屋が土地という高額なものを購入する場合にその人の本気度を測るものでもあります。
土地と家で何千万円もする買い物をするのに、土地を抑えるために10万円も出すことが出来ない人には買う意思が無いので抑えることによってほかの人が買うことが出来ないので迷惑もかけるので一つの指標で判断します。

 

そうして、検討できないときにその土地を抑えたお金が返って来るのかをしっかりと確認してください。また、申込金を入れた場合に領収書など書面でしっかりと申込金として預けているのが分かるようにして下さいね。

 

私のお付き合いさせていただいていた不動産屋はそのような事は無かったですが、たくさんある不動産業者の中には悪徳不動産屋もいる事でしょう。
その為、そういった事前の知識を入れたうえで話をしてくださいね。

 

預けたお金も、領収書も何も渡されなかったら不動産屋が「預かっていない、貰っていない」と言う事も可能性としては0では無いでしょう。
また、返って来ると口だけでは言われたが「色々な人が動いたので費用が発生するのでお金は返せない」とか言われると、証拠がないのでどうしようもなく泣き寝入りをしてしまう事もあるでしょう。

 

しっかりと、書面に残しで証拠を残すという事を必ずしましょう。

 

そうして抑えている間に気になる建築業者に間取りを引いてもらってその土地に希望の間取りを書くことが出来るのか打ち合わせを重ねましょう。
大まかに納得がいけば土地を買う意思表示をして契約へと手続きを進めていきましょう。

関連ページ

土地を購入する場合に必要な費用
土地を購入する場合に必要な費用をご説明します。
優良物件を取得するためには
土地探しをする上で誰もが良い物件を購入したいと思いますが、どのようにすればいい物件情報を取得出来るのか。
土地を見る上でのポイント
土地を見る上でプロの目から見るポイント

ホーム RSS購読 サイトマップ