土地探し・物件探し・土地のポイント

優良物件を取得するためには

良い物件を購入するための方法

土地探しをする上で、誰もが良い物件を手に入れたいと思います。

 

では、どのようにしたら良い物件情報を取得できるのでしょうか。
いくつかのポイントにまとめてお伝えしようと思います。

 

まずは不動産屋にコンタクトを取る

土地情報の集め方ですがまずは、土地情報をたくさん持っている不動産屋にコンタクトを取って、不動産屋にご自身の探しているエリアや、譲れないポイント、予算をお伝えしてください。
ここでのポイントは不動産屋とコンタクトを取る際には複数の業者とコンタクトを取ってください。
なぜなら、新しい物件情報が出回ったとしても、全ての業者がその情報を知っているかと言えばそうでもなく、その物件の売主から直接依頼された不動産屋は1業者しか無いので、そこから知れ渡るまでの数日間だけでも、出回っていないのでその業者と繋がっていればすぐに教えてくれますよね。

 

また、色々な不動産業者は色々な銀行や建築会社とも繋がっています。
特に銀行は不動産会社が自社で分譲地も手掛けたりするなどしていると、融資を受けたりすることもしばしばあるので、必然的に銀行とのお付き合いが増えてきます。そうして土地の売買情報は銀行にも多く入ってきます。
地主さんが土地を売ろうとしていたりするので、そういった情報は銀行から不動産屋や建築会社へと回ります。

 

このように、不動産業者もたくさんありますが1社だけに声をかけるのではなく、複数の業者に声をかけて同時進行で不動産屋とコンタクトを取り続けて下さい。

 

不動産業者とコンタクトを取り続ける

私も、ハウスメーカーに勤務していた時は、土地のご紹介も行っていました。
その中には色々なお客さんがいます。
土地情報を届けても、後日電話やメールして感想を聞こうとしても、返事も何もない人。

 

律儀にメールをお客さんから頂ける人。
こちらから電話を掛けた際に感想を言ってくれる人。
様々な人がおられました。

 

不動産業者の担当の人も人間です。
お互いが気持ちよく事が進むようにして下さい。
私も、まだ表には出せない情報も手に入った際に、この人にはお知らせしようと顔が出てくる人にはすぐに情報をお届けしていました。
逆に、ただ単に土地情報を持ってくるだけの人としか思わないような人には土地情報を届けようと思いません。
不動産業者も住宅販売会社の営業も、嫌なお客さんには営業をかけなくて良いのでそう思われるようなお客さんにはならないでください。

 

不動産屋の人から顔と名前が出てくるようなお客さんになっていただければ、表に出る前の良い情報や、要望に合った物件をいち早くお届けしてくれるでしょう。
私も、そのようなお客さんは家を建ててもらうのが仕事でしたが、予算が合わない方でしたがとてもいい人なので土地だけ紹介して家は別業者で建てられた方もいましたが良いお付き合いをさせてもらっていました。
逆に、土地だけ紹介して「この物件は条件と違うので買うのは辞めます」と言われて土地を購入している人もいましたが、とても悲しくなりました。

 

土地の相場を知ろう

不動産業者が色々な情報をあなたにお届けしても、購入しようとしているエリアの土地代金の相場を知りましょう。
例えば、南入りの土地で「30坪で3000万円で売りに出ました!!」と不動産屋から言われたとしても、周辺の相場が分かっていないとその土地が高いのか、安いのかが分かりません。
そこで、周辺の相場でいくと3500万円とした際に、3000万円の物件で予算内で特に理由もなくあなたが「高い」という判断をした際には、不動産屋もこの人は相場も分からず真剣さが無いので買う気が無いと思い、次回から情報を届けなくなることもあります。

 

「高い」という理由ではなく、別の理由があり「相場よりは安くて買い得だと思うが○○が気になって検討が出来ない」とお伝えいただけば不動産屋も納得しますし、次回の情報はその○○を解消できている物件を持っていこうと思います。

 

また、土地だけでは解消できない問題も、住宅を建てる際のプランでそれを解消できる事もあるので、そこはプランで解消できる場合はそういった提案を受けてみて検討されてみても良いでしょう。

 

話はそれましたが、ご検討されるエリアの土地の相場をまずは知ることも大切です。
土地も北入り、東西入り、南入りで相場も違いますし、土地の形によっても変わってくるので、中々細かくはわからないと思いますが、それでもある程度の相場感覚は持ってください。

 

最低1回は現場を見るようにしましょう

北入りの土地情報を渡されたからと言って日当たりが悪いのでしょうか?
土地によっては、北入りの土地でも日当たりが確保できる物件もあります。そういった物件に関しては、北入りの土地で相場よりも安く尚且つ日当たりも良い物件なので掘り出し物の物件ですよね。
都市圏ではどの方角の土地でも日当たりは確保しにくいかもしれませんが、地方で土地をお探しの方は、北入りの土地でも日当たりをしっかりと確保できる事も可能です。
貴重なお休みで現場を見ることは難しいかもしれませんが、その場合は、ストリートビューやグーグルマップの航空写真などで現場をある程度見て、興味があれば現地を見て検討するのも良いでしょう。
ストリートビューの場合はデータが古くて現状と違う場合もあるので注意してください。

 

おススメの不動産業者や不動産情報取得ツール

 



 

会社もしっかりしてる住友系の会社です。
中古住宅をリノベーションを行ったりもするので、中古住宅を購入してリノベーションして住むのも一つの選択肢です。

 

 

 

 

不動産業者に一括でご自身の好みの条件で資料請求が出来ます。
資料請求した後のメールの返信のスピードなども比較しても良いかもしれないですね。
上の2つのサイトでまとめて様々な不動産業者に一括で資料請求出来るので、最初の不動産屋を探す手間が省けるのでお勧めです。

関連ページ

土地を購入する場合に必要な費用
土地を購入する場合に必要な費用をご説明します。
土地を見る上でのポイント
土地を見る上でプロの目から見るポイント

ホーム RSS購読 サイトマップ