安く抑えるテクニック・自分で動く・施主支給

エアコンの手配は必ずご自身で!!

エアコンの手配は必ずご自身で行いましょう。

安く抑えるテクニックとしては、ご自身で揃えれるものは揃えるようにしましょう。
今回はエアコンをご自身で揃えるようにする上での注意点とアドバイスです。
エアコン工事も住宅取得の際に建築会社などが提案をしてくれますが、若干安いとは思いますがご自身で揃えていただく方がもっと安く済ませることが出来ます。

 

一台当たり金額は少し安く抑えられますが、家の全室にエアコンを付けるとすれば4台前後は購入するので積み重なると10万前後は抑えられるでしょう。
では、ご自身でエアコンを揃えるための注意点をお教えしましょう。

 

エアコンを付ける打ち合わせは普通に行いましょう

エアコンをご自身で揃える場合でも、付ける場所などは新築の注文住宅の場合は担当の設計士と打ち合わせをしましょう。
エアコンとドアが干渉しないかどうか
エアコンとカーテンレールと干渉しないか
アクセントクロス等壁の一面に変化を加える際にその一面にエアコンを付けなければいけないかどうか
リビングのエアコンは容量が大きjく送風口が大きく開いたりするのでそれが干渉しないか

 

以上の事は設計士でもそこまで気付いていない人もいますので打ち合わせの際にサラッと上記のような内容も加味してくれていますか?って聞いてみて下さい。

 

エアコンの機種は全て着工前に決めましょう

昔のエアコンは外壁に穴を1か所開けることで取り付け可能でしたが、最近の機種はお掃除機能がついていたり、加湿機能がついていたりと様々な便利な機能が付いています。しかし、その際に外壁に穴を開ける数が1か所ではなく2か所になったりするので、まずは着工前にエアコンの機種を決めましょう。メーカーによっても外壁の穴の口径が若干違うので、着工前に決めておけば、建築中に外壁に穴を開けてもらえるので引き渡し後にエアコン業者が穴あけを行って外壁を割ってしまうというミスに遭遇することもないので必ず、着工前にエアコンを決めましょう。
私のお客さんも優柔不断の方で打ち合わせ中に決めてほしいと伝えてましたが決めきれずに、ご自身でエアコン業者を探して外壁にエアコン業者が穴あけを行いましたが、外壁を割ってしまっていました。やり替えは業者が費用負担していましたが、せっかくの新築の家がさっそく外壁を割って張り替えをするとあまりいい気持ちはしないですよね。

 

無理にネットで購入しなくても良いです

ネットで無理に購入する必要はないですが、契約前に各部屋のエアコン工事の提案と見積もりも取っておきましょう。そうすれば、各部屋のエアコンのメーカーと品番も把握できますので、その品番をネットで調べて、値段の比較をしましょう。しかし、今までの経験上取り付け費用なども含めてもネットで購入する方が高かったという事は一度もありませんでした。

 

取り付け費用はどうなっているのか

エアコン工事を行う際に取り付け費用が発生します。その際に、新築の場合は建築会社にエアコンの取り付け費用がどれくらいかかるのかを聞いてみましょう。
ネットで発注した場合と建築業者の電気工事をする会社に取り付けてもらうのとどちらが取り付け費用が抑えられるか比較してください。
取り付け費用はほとんどが人件費です。私の働いていた会社も、例えば壁紙を小さい範囲で張り替える工事を行った際に、壁紙の費用は数百円程度でしたが、人件費は1日分の費用を計上していたので、壁紙の張り替えだけで1万半ば掛かっていました。工事はものの1時間程度です。
これを踏まえて建築業者の電気工事の会社に複数台まとめて依頼するので、取り付け費用を少し安くしてもらえるかもしれないですね。

 

自分で動くと、人件費が掛かっていない分やはりネットが安い

私の会社でエアコンのご提案は必ず行っていましたが、すべてのお客さんに安く済ませたいなら必ずネットで調べて下さいとお伝えしていました。
特にリビングに入れるエアコンは容量が大きいエアコンで最新の機能も入っていることが多いので1台の費用が結構掛かることが多いです。
費用が高ければ高いほど、ネットで購入すればその分大きく抑えることが出来ます。
自分で調べたりするのが手間と思われるかもしれませんが、半日あれば品番をいれて費用の比較はできます。
半日で、数万円抑えられると思えば、「日給で考えると10万以上のコストメリット」があります。
10万を仕事で稼ごうと思えばとても日にちが掛かりますよね?それを面倒くさがらずに半日ほど調べるだけで大きくコストを抑えられます。

 

 

ネット購入できる様々なサイトをご紹介いたします。

 

 

こちらのサイトは、各エーカー別のページもあり、尚且つ各部屋の畳数ごとに分類してくれているのでとても見やすいです。

 



 

こちらのサイトも価格ドットコムで取り上げられるくらい安いので、安く抑えられるでしょう。
以上の二つのサイトは、メーカーごとにも、部屋の畳数ごとにも分類されているのでページがとても見やすくてストレスにならないですよ!!

 

取り付け費用も比較するのも良いでしょう!!

 



 

こちらのサイトは取り付け専門の業者さんです。
建築業者やエアコン業者に頼むより安い可能性もありますので、見てもらうのも良いと思いますよ!!

 

 

こちらのサイトは取り付け費用を一括比較できるので、取り付け費用も気になると思われるかたはこちらのサイトで無料見積もりを行いましょう。

関連ページ

火災保険の見直しを
住宅を取得したら必ずかけておきたい火災保険。 火災保険も各社によって若干の違いがあるので、少しでも安く抑えて下さい。
住まい給付金について
住宅取得に関しては様々な補助金があります。補助金を上手に利用できるならばしっかりと利用しましょう。
新築の住宅ローン減税
住宅ローン減税は税金の還付を受ける事が出来るので、資金繰りにも是非とも活用してください。
照明工事でコストを抑えましょう
住宅取得をするために少しでも安く抑えるためのテクニックをお伝えしましょう。
大きく差を分ける住宅ローン選び
一生かけて払っていく住宅ローンです。 借入先を間違えたら大きく返済額が変わってきます。
エアコンの各メーカーの特徴
住宅取得をするために少しでも安く抑えるためのテクニックをお伝えしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ