安く抑えるテクニック・自分で動く・施主支給

大きく差を分ける住宅ローン選び

住宅ローン選びは間違えずにしっかりと選びましょう!!

ここでは、住宅取得の為にほとんどの方が借りられている住宅ローンについてお話ししたいと思います。
住宅ローンの種類等については、住宅ローンを選ぶ事は一番大切ですという、ページで記載しているので割愛しますが、
借入先を選ぶ銀行を間違えれば住宅ローンを払い終わる時に、何十万円、大きければ100万円前後も無駄に利息で払ってしまう事もあります。

 

そこで、住宅ローン選びはしっかりと勉強していくつかの銀行を比較してもらって借入先を選んでください。

 



 

変動金利・期間固定・長期固定・フラット35どれにするのか

借入先を選ぶうえで、まずは返済計画をどうするのか決めて下さい。
金融機関によって変動・期間固定・長期固定・フラット35で強い銀行、弱い銀行があるので、まずはどの返済方法にするのかを決めた上で各銀行を比較してみて下さい。
銀行もメガバンクから、地方銀行、ネット銀行など様々です。
そこで、まずは申し込みをしてご希望額が借り入れできるか。
そこで、その金融機関に興味が持てるならば、他の返済方法の金利も見てみても良いでしょう。

 

実際に3000万円借り入れして、金利が0.3%違えば利息だけで160万円も多く支払うことになります。

 

160万円も貯金するとなると1年以上かかると思いますが、住宅ローンを真剣に選んで間違わなければ、160万円貯金するのと同じ効果があります。
しかも、1年もかからずに、1か月も有れば十分に調べることが出来ます。

 

そこで、銀行の審査を一括でして最適な金融機関を選べるサイトがあるのでご紹介いたします。
【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!

まずはシミュレーションから

 

まずは、シミュレートと、返済方法を選んでもらうと最適な銀行をピックアップしてくれます。
そのピックアップしてくれた銀行と、建築会社やマンション販売会社、不動産屋の担当の営業の人に住宅ローンの提案を受けて比較してみてはいかがでしょう。
本当にあなたの事を思って提案してくれる営業マンなら一番金利が抑えられている銀行の提案をしてくれますし、銀行もたくさんあるので気づいていない人もたくさんいます。
私の会社も、ベテランの営業マンとかは審査に時間がかかるので、審査の時間がかからない銀行をメインに提案している人もいましたし、現にそこで借りている人もたくさんいます。
そういった、提案だと結局、金利がより抑えられている所があるにもかかわらず、審査に時間がかからないという所だけで、160万円もあなたが余計に払わなければならなくなってしまいます。

 

そうならない為にも一生かけて払っていく住宅ローンです。しっかりと比較検討をしてください。

関連ページ

火災保険の見直しを
住宅を取得したら必ずかけておきたい火災保険。 火災保険も各社によって若干の違いがあるので、少しでも安く抑えて下さい。
住まい給付金について
住宅取得に関しては様々な補助金があります。補助金を上手に利用できるならばしっかりと利用しましょう。
新築の住宅ローン減税
住宅ローン減税は税金の還付を受ける事が出来るので、資金繰りにも是非とも活用してください。
エアコンの手配は必ずご自身で!!
住宅取得をするために少しでも安く抑えるためのテクニックをお伝えしましょう。
照明工事でコストを抑えましょう
住宅取得をするために少しでも安く抑えるためのテクニックをお伝えしましょう。
エアコンの各メーカーの特徴
住宅取得をするために少しでも安く抑えるためのテクニックをお伝えしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ